Entries

シャトルシェフで味噌を仕込もう①

光熱費と力仕事は最小限。
手に入りやすい材料を使う。

この条件で味噌を仕込めないか?
10年間で私なりに追求した覚書です。


*・゜゚・*:.。..。.:*・' '・*:.。. .。.:*・゜゚・*

【材料】
大豆 1kg
乾燥米麹 1.2kg
天然塩 400g
消毒用の焼酎 適宜
(お父さんや旦那さまの晩酌用のお酒を少し拝借しても)



麹は手に入りやすく日持ちする乾燥麹を使っています。

【器具】
シャトルシェフ
スピードカッター
大きめのボウル2個
漬け込み用のかめ


器具はきれいに洗って、焼酎を浸したキッチンペーパーで拭き、消毒しておきます。

【作り方】
大豆を準備します。

大豆をきれいに洗ってたっぷりの水に浸けます。



15時間くらい浸けました。
これをシャトルシェフで煮ます。


我が家のシャトルシェフは容量4.5リットル。大豆1kgをギリギリ煮ることができました。
ただしうっかりするとすぐに吹きこぼれますので、目を離さないほうがいいです。



煮ると白い泡が大量に発生します。

これはサポニンといって、体に悪いものではありませんが、邪魔なのでほどほどにすくい取ります。



泡をすくい、しっかり沸騰させてから保温容器にセットして一晩おきます。



8時間後、豆が柔らかくなりました。

親指と小指で豆をはさんで、簡単につぶれたらオッケーです。三粒くらい引き上げてテストしましょう。
まだ硬いと思ったら火にかけて沸騰させ、1~2時間保温してみましょう。



豆をスピードカッターでつぶします。

お玉に山盛り2杯が適量です。
欲張ってたくさん入れると空回りしてしまって、かえって面倒です。

煮汁はあとで硬さ調整に使うので、捨てないで下さい。



上下であまりにもムラがあるようなら、ヘラなどで助けながら回します。

多少粒が残っているくらいなら大丈夫です。
ボウルに移し、残りの大豆を次々につぶしていきます。

②に続きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR