FC2ブログ

Entries

春よ恋食パン



春よ恋食パンを焼きました。

この写真ではわかりにくいですが、三つ山の真ん中だけが釜伸びして背が高くなりました。

まだ真ん中でよかったですよ。
両端(のどっちか)が伸びたのはカッコ悪いもん。




食パンを焼くたびに思い出すこと。

製菓専門学校の実習では、成形した生地玉を食パン型に入れる時、全部の生地玉を手に持って、型にストンと落とすように入れなさい、と習いました。

でも私、手が小さいから実習時、四つ(五つだったかも?)の生地玉が持てなくて、こっそり一個ずつ入れました。

今でも家で三つ山を入れるのに一個ずつ、両端、真ん中、の順で入れてます。



いっぺんに入れられるように、たまには練習しようかな。^^;

スポンサーサイト



あんとクリチのエピとバイエリッシュプレッツェル


バイエリッシュプレッツェル(奥)
あんとクリチのエピ(手前)

甘いエピもおいしい ♪






プレッツェルはセルフで、レタスハムサンドにしていただきました。


プレッツェルの成形は楽しかったです。

もう少し長く伸ばしてからくっつけたら、もっとカッコよくできたかも。






おまけメニューは水ようかん。

ひんやりさっぱりしておいしかったです。

バゲット



バゲットを焼きました。
太短くてカッコ悪!^^;



クープナイフの刃を新品に交換しました。

よく切れるようになった気がして、焼き上がりには過剰に期待したもんだから、ちょっとこの結果にはガッカリしております。(-_-)



‥‥懲りずにまた焼こう。

いちじくのパン・ド・カンパーニュ



いちじく煮を入れたパン・ド・カンパーニュを焼きました。

いちじくの自然な甘みがおいしい。



ほんの少し残っていた空焼き済みのくるみも入れたけど、こちらは存在感ほぼなしです。^^;

バタートップブレッド



バタートップブレッドを焼きました。
クープがメリッと開いていい感じです。

我が家の定番、たまごサンドでいただきました。

栗あんブレッド



パウンド型で焼いた栗あんブレッドです。

ひとつ前の記事にあげた「黒みつあんぱん」と同じ生地、同じ栗あんを使い、成形を変えました。








翌日、しっとり落ち着いたところがおいしいの。(^^)

あんが全体に散っているので、甘いもの苦手な人にも食べやすいと思います。

黒みつあんぱん



黒みつあんぱんを焼きました。







自家製栗あんをたっぷり包んでます。



うっかりして仕上げ発酵が長くなってしまったけど、意外に大丈夫でした。

パンのてっぺん部分に大きな穴があいたのはご愛嬌。^^;

角食



角食を焼きました。

配合はごくシンプル。
油脂不使用、きび砂糖やや多め、水の代わりに牛乳、って感じです。







サンドイッチもよし、トーストもよし。



フタをして焼くパンは焼成中の様子が全く見えないので、緊張感がハンパない。

うまく焼けた時はホッとします。(^^)

ブリオッシュブレッド



ブリオッシュブレッドを焼きました。

前種作りから始まり、本捏ね、発酵を経て、焼き上がりまで丸2日かかりますが、それだけの価値はあります。







しっとりふ~わふわ。
シフォンケーキみたい。


本捏ね、今回はレディスミキサーの力を借りましたが、捏ね過ぎないよう終始低速で。

私もずっとそばにはりついて、生地に目を光らせていました。緊張した~。


そのかいあって、おいしく焼けてよかったです。(^^)

いちじくのレトロバゲット風



先日のティロワパン教室で習ってきた「栗のレトロバゲット風」を、家にあるものでアレンジして、いちじくのレトロバゲット風を焼きました。

あんまり焼き色つかなかったし、形もイマイチ。(ー ー;)

また焼いてみよう!







まぁ、成形だけ真似っこした感じね。

‥‥と言いたいところですが、全体的に細く、長~くなってしまって。
私は両端だけ細くしたかったのに!


「これじゃオーブンに入らないよ!」って先生に注意されるヤツね。(;´Д`A

ライ麦パン



ライ麦パンを焼きました。

この成形、大好きです。
シンペル型特有の模様がなくてもすごくカワイイ!






とりあえず切ってみた。


穴!



^^;





いつもの。


たまごサラダサンド。^^;

ほうじ茶マフィン



ほうじ茶マフィンを焼きました。

いい香りです ♪







薄切り豚肉のソテーと大葉のサンド。

味噌ダレとマヨをたっぷりかけていますが、ほうじ茶効果で意外にあっさり食べられます。







栗あんバターサンド。
甘い栗あん➕バター10gくらいはさんでます。^^;

ペロリと食べられるのは、これまたほうじ茶効果かも。

新旧交代

ゴムベラを新調しました。


左側3本はこれにてお役御免です。
長年ありがとう。

右側3本はこれからお世話になります。
どうぞよろしくね。




10年以上使ってきた愛用のゴムベラがいよいよボロくなってきたので、同じものをずーっと探していたのですが、オレンジ色のスプーン型がどうしても見つからない。

来月から消費税が上がるし、もう今が買い時だ!ってわけで、あきらめて白で揃えました。

タイガークラウンのケーキランド。
残さずきれいにすくい取ってくれます。

ミニヘラが一体型に仕様変更していました。
これはイイ!



また大切に使っていこうと思います。(^^)

シリアルブレッド


シリアルブレッドを焼きました。






今日の朝ごはんは‥‥、


毎度おなじみ、たまごサンド。

塩麹で味付けした卵焼きを大葉と一緒にはさみました。



卵焼きがやけに白っぽいのは、別の調理で黄身だけ使い、余った白身を追加しているから。^^;

ピザパン



ピザパンを焼きました。

また暑さが戻ってきましたが食欲は落ちることなく、おいしく食べました。



トッピングの野菜はほとんど自家製でまかないました。

終盤を迎えていて数少ないプチトマト。
もう全部乗せたったー!

マロンとチョコのクリームサンド

昨日のパン教室で作って持ち帰った生地を、今日焼き上げました。



マロンとチョコのクリームサンド。

ふわふわ、おいしく焼けてました。(^^)





家にある型の中から使えそうなのをピックアップして、



タルト型と丸デコ缶を使いました。


型の縁が広がっている分、タルト型の方に生地をやや多めに振り分けたけどまだ足りなかったな。^^;

マロンとチョコのクリームサンドと栗のレトロバゲット風

今日はティロワパン教室へ行ってきました。

ガンガン捏ねる生地なのに、よりによって今日は残暑再び。も~~暑い、暑い!

汗だくになりました。( ;´Д`)




かわいいお花がずらり ♪
マロンとチョコのクリームサンド。
(まだクリームをはさむ前です)






栗のレトロバゲット風。

レッスンでは貴重なせときららの新麦で焼いていただきました。

家で復習する時は代替えのお粉で作ってみたいです。






ランチプレート。

志願してバゲットの端っこいただいちゃいました。
カリカリおいしい!

栗入りだから甘い系のパンと思いきやそんなことなくて、生ハムや豚のクリームソースの塩気と合うんですね~。






食後のデザートはマロンとチョコのクリームサンド。

1カットが大きいな~、と一瞬思ったけど、おいしくてペロリと食べちゃった!



初物の栗粉餅、喜んでいただけてよかったです。(^^)

グラタンパン



グラタンパン再び。笑

畑で育てているバジルがやっと使えるくらいに大きくなったので、上に飾ってみました。








シリコンマフィン型で12個できました。

前回と比べて、パンとフィリングのバランスはよくなったと思います。

ただ‥‥、円形に伸ばした生地玉をちまちまと12個もマフィン型に敷くのがすごく面倒くさいな。^^;

春よ恋食パン



春よ恋とホシノ丹沢酵母の食パンを焼きました。

レシピ通り水で仕込んだこのパンは、トーストしてバターを塗って食べるのがおいしい。

サクサクパリパリ、いい音がします ♪

バゲット



バゲットを焼きました。

端っこのクープが微妙だな。^^;





ようやく暑さが一段落して過ごしやすいと感じる今日この頃。

おかげでパン焼きの気分が少しずつ上がってきました。(^^)

バゲットもまた焼くぞー!

グラタンパン



グラタンパンを焼きました。







マフィン型で小さく焼いたら、フィリングがあふれた~。

よくばってたくさん入れるとよくこうなります。^^;







断面こんな感じ。

パン生地はもう少し少なくして、フィリングをいっぱい入れたいな。



フィリングに使ったかぼちゃ。
今年はかぼちゃを作らなかったので、近所のスーパーで青森県産の「栗こ」というかぼちゃを買ってきました。

名前がかわいらしいな、と思ってなんとなく手に取ったのですが、びっくりするくらい甘くてほくほく。すごくおいしいかぼちゃでした。(^^)

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR