Entries

ブルーベリーのガレット

おみやげにもらったフレッシュなブルーベリーが酸っぱかったので、
グラニュー糖といっしょにさっと煮てジャムにした。

このジャムを使ってパンを焼きたいな~。

  

garet_201307301401262c0.jpg


garetcut2.jpg
ジャムからブルーベリーの粒をピックアップしてのせた、ブルーベリーのガレットを作った。




garetcut_20130730140128d62.jpg

ジャムの煮汁を少しパン生地に混ぜてみたけど、期待した濃紫色には程遠く。
むしろ汚くなりそうだったので、紫芋パウダーを急きょ足して、ピンク色にリカバリー。




cookeypan.jpg

生地の半分をガレットに使い、残った半分は丸めてブリオッシュ風に。
これにもブルーベリーを無理やりのせた。笑

全体にクッキー生地がかかってないのはご愛敬。




cookeypancut.jpg

甘酸っぱいブルーベリーがいい感じ。



ボンヌのびん3本分できたジャムは、朝のヨーグルトにかけて食べるとおいし~。
あっという間になくなりそう。

スポンサーサイト

冷製ラタトゥイユ

rata.jpg

ズッキーニが収穫できたら、絶対作ろうと思っていたラタトゥイユ。

家の畑で採れた野菜をほかにもどっさり入れて、大量生産した。
保存容器に入れて冷蔵庫で冷やしておけば、
いつでも冷え冷えのラタトゥイユが食べられる♪


  じゃがいも、玉ねぎ、なす、ズッキーニ、にんにく。以上がうちの畑産。
  にんじん、トマトの水煮缶、ベーコンは購入。




収穫は楽しいけど、とれすぎるのは困りもので、今はきゅうりが最盛期。
きゅうり料理がテーブルにのらない日はない。
生で食べる以外にも、煮たり炒めたりきんぴらにしたり。
クックパッドさまさま。

家で消費しきれない分は友だちの家、義母のグループホームなど、ローテして押しつけてくる。
あのきゅうりの人、迷惑。。。と思われているかもな~。

巻き巻きパンとチョコプルーン

今日は月一のパン教室の日。

こういう日はアラーム一発でパッと起床できる。
張り切って朝5時に起きて、日課の畑パトロールをしてから出発。



makipan.jpg
巻き巻きパン。

何が巻かれているかというと・・・



makipancut.jpg
手巻きずしの具にもなるアイテムがいろいろ。

いっしょに巻いた焼きノリがすごくいいアクセントになってる。



chocoprun.jpg
チョコプルーン。

ココア生地にチョコチップとプルーンペーストをはさみ込み、たづなこんにゃく風に成形。
チョコとプルーンって合うのね。おいし~♪



lunch_20130727172240.jpg
今日いただいた美味ランチは、お野菜たっぷりでボリューミー!

新作の夏向けあっさりチョコケーキもいただいちゃった。
レシピ作って下さるのが楽しみ♪


ホシノで塩麹パン

siokoujipan_20130725153454.jpg

生地内の天然塩を一部塩麹に置き換えたパン。


以前は全量塩麹にしていたけれど、どうにも生地がべたついて扱いにくいので、
塩麹を減らして、天然塩で補うことにした。
計量がちょっぴり面倒になるけど仕方ない。

改良後は生地のべたつきが若干解消され、もっちり食感が少しあっさりした感じに。


フレッシュハーブでフォカッチャ

フレッシュなバジルとローズマリーを刻んで生地に混ぜ込んで、いい香りのするフォカッチャを焼いた。


focatya_20130725151032.jpg

毎年庭のプランターで育てていたバジル、いつもあっという間に虫に食いつくされていた。
ほかにおいしそうな植物は植わってないので、バジルだけ完全ロックオンされていたのだと思う。

今年は試しに畑に種をまいてみたら、虫の被害もなくすくすくと成長。

ふっふっふ。
今年は私の勝ちね。



focatyacut.jpg

オリーブオイルがじゅわっとしみ込んで、ウマ~!

清々しい香り。
体の中からきれいになれそう。

ホシノでベーグル

bagle_20130722170957.jpg

ホシノ丹沢酵母と春よ恋のベーグル。
最後の生種をかき集め、お粉100gでちびベーグル3個できた。


仕上げ発酵の時間をあれこれ変えて実験中・・・のベーグル。
この子たちはけっこうかわいくできたんじゃないかしら。

ホシノで食パン

syokupan_20130721162847.jpg

ホシノ丹沢酵母と春よ恋の食パン。
毎度おなじみなので、今回はちょっとだけ全粒粉を入れて変化球。



syokupancut_20130721162846.jpg

切ってはじめてわかる全粒粉入り。クラムがほんのりベージュ色。

春よ恋100%と比べて、もっちり度合いがやわらぎ、香ばしい。
しっかりめにトーストして、バターをのせて食べたい感じ。


  * * *

我が家で地味に勃発している「なす戦争」。


家庭菜園には、漬けもの用にと夫が苗を選んだ、一口なすがあるのに、、
それよりもふつうの千両なすをうんと小さいうちに取ったほうが、
おいしい漬け物ができることに気付いたらしい。

そろそろ焼きなす食べたいな~♪ と思ってなすを取りに行っても、ちょうどいいのが全然なくて、
食卓にはちびなすの漬け物がどーんと鎮座。 

 (我が家ではなすの漬け物作りは夫の仕事♪)



義母がごはん作りを一手に引き受けてくれていた頃も、これと同じようなことがよくあって、
その頃から 「たまには焼きなす食べたいな・・・。(ぼそっ)」 と言ってた私。

まったく・・・親子そろってなす漬けが好きなのね。 ┐(´-`)┌

フレンチトースト

先日作ったフィセルをフレンチトーストにした。


frenchtoast_20130719144304.jpg
メープルシロップをた~っぷりかけて、いただきまーす!


卵液に半日浸しておいたけど、クラムの歯ごたえがほどよく残ってて、私好み。


 * * *

先日、簡単チャーシューを作った。

袋調理なので作るのはホントに簡単なのに、肝心の袋が破れるという大失態!!

タイマーが鳴ったので、どれどれと鍋のふたをあけたら、
鍋の湯で薄まったタレにぷかぷか浮いたバラ肉・・・。
一瞬意味がわからなかった。

こんな失敗、初めてだ。
まさに「骨折り損のくたびれもうけ」・・・。

マロンクリームロール

ホシノのパン教室で習ってきたスイートポテトロールを、
マロンクリームに替えて、パウンド型で焼いたアレンジバージョン。


マロンクリームは自分で炊いて冷凍してあったもの。

夏はいろいろ冷やしたいものがあるので、
ただいま冷凍庫の中身を積極的に、お片付け邁進中。


maronroll.jpg

甘いフィリングに甘いアイシングをかけて。
ふわふわ~でコクのある黒糖生地に、甘いフィリングがよく合う。


以前は甘さ控えめがいいと思っていたけれど、
先生の「甘いパンは甘く!」の言葉に、ああそうか、と。

控えすぎて味がボケちゃうとおいしくないんだ、と気付かされた、思い入れのあるパン。

ホシノでラグビーフランス

ホシノでフランスパンを焼いた。

フランスパン酵母ではなく、おうちにある丹沢酵母で。


fisel.jpg

フィセルとラグビーフランス。
生地はまったく同じで、成形がちがうだけ。



fiselcut.jpg
フィセルの断面。
気泡の感じはいいけれど、何せクープが・・・。 

家には取り板がないので、予熱した天板にパンを移すときが一番の難関。
もたもたしているうちにガスが抜けるー! わーっ!! と、ひとり大騒ぎ。

・・・取り板、作るかな。(夫が。笑)



rugbyfrans.jpg
ラグビーフランスの断面。

フィセルと比べて、クラムがややソフトで食べやすい。
バターを塗って食べるとウマ~




まともなフランスパンを焼くには、まだまだ高い壁がある。

湯だねプチパン

時間がないけど取り急ぎパンを焼きたかったのでコレを。


yudanepan.jpg
サフで湯だねプチパン。
あんパン、黒ゴマクルーリー、チーズクルーリー。

とりあえず湯だねを先に作っておき、本ごね生地を計量している間だけ寝かせておく。
時間にしてせいぜい5分。
前の日から湯だねを寝かせて・・・とか、しなくていいので、気楽。
ただお手軽な分、パンの劣化はそれなりに早いかも。



yudanepancut.jpg
あんパンを作ると、いつも破裂して失敗するので、今回はあんを控え目に。
ほぼ真ん中に、きれいに包あんできた。


  * * *

朝5時起き生活。
アラームに頼りながらもなんとか継続中。

涼しい朝のうちに畑へ行くことが目的なのだから、
朝5時に雨が降っていたら「やったー!寝るっ!!」となるわけだが、
2日続けてぴたりと雨がやむという現実・・・。

早起きのおかげで、朝の時間が有効に使えるのはすごくいいことだけど、
夜眠くなるのが早くなり、昼食後の昼寝が日課になりつつあるのはどうだろう・・・。┐(´-`)┌

ホシノでミニ食パン

syokupan_20130714155559.jpg

ホシノ丹沢酵母と春よ恋の食パン。

昨日はなんだか面倒くさくなっちゃって、パンチしたあと冷蔵庫で一晩寝かしつけ。
今朝から常温に戻して、発酵状態も悪くなかったと思うけど、釜伸びがイマイチ。


  * * *

農機具小屋の屋根の上から、くわえた石をコロコロ落として遊ぶ、黒いギャングたち!


あとちょっとで収穫できるトマトをつついて食べちゃう。
数本あったたズッキーニのおしりをちょこっとずつ全部つつきまわし、腐らせちゃう。
すいかの赤ちゃんをつついて穴をあけちゃう。
  
最近、畑に出没するカラスたちの仕業。 キィ~~ッ!

1羽は見張り、残りの3~4羽でいたずらし放題の様子。

こちらも網を張ったりして、対策を講じ始めたところ。
こうなったらカラスとの知恵比べ。 どうなることやら。

セーグル・フリュイ

saglefrui.jpg

ホシノ丹沢酵母で作ったセーグル・フリュイ。

クープは1本にして、バターとシナモンシュガーをトッピング。
焼成中からバター&シナモンのいい香りがして、お腹がぐー。




saglefruicut.jpg

フィリングはくるみとレーズン。

レーズンはあまり好きではない、と言いつつも、
ライ麦パンに少しだけ入ってるのは大丈夫。

パンとよく合ってるし、シナモンの香りも相まっていい感じにできた。


  * * *

包丁がどうにも切れなくなったので、夫に砥ぎを発注。
最初は面倒くさそうだったけど、1時間近くかかって砥いでくれた。

試し切りで玉ねぎをスライス。

  ・・・・

めちゃめちゃ切れる~!

砥ぐ前は、玉ねぎ1個切るだけで涙がポロポロ出ていたのに、5個切ってもぜーんぜん平気!
ああ、ありがたい!

tamanegimarine.jpg
調子にのってスライスしまくった大量の玉ねぎは、マリネにした。

お酢の効果か、紫玉ねぎの色が全体に染みて、かわいい色合いに。

ホシノでベーグル

bagle_20130710155821.jpg

ホシノ丹沢酵母と春よ恋のベーグル。
まあまあかわいく成形出来たと思う。

今回は200gのお粉で6分割と小さくして、
ひも状にした生地をくっつけるとき、ねじらないように気をつけて成形してみた。


  * * *

数日前からパソコンの調子が悪くて困っていた。
開くのがチョー遅かったり、フリーズしてしまったり。

パソコン、いよいよ替えどきか!? と複雑な気持ちだったが、
よくよく考えてみると、見られないのはアメブロばかり。

もしやと思って検索してみたら、みっけ。
同じ現象で困ってる人が。

  ・・・・

おかげさまで無事復旧。

パソコンはもうしばらく替えなくてすみそうです。

和風2色パン

wafuucube.jpg
一年半くらい前に作った和風キューブ。
挽いたお茶の葉入りの緑生地と白生地を市松に合わせ、ふた付きの型に入れて焼いたパン。




wafunisyokupancut.jpg

まったく同じ生地をパウンド型で、伸び伸びふくらませて焼いた。
同じ生地で焼いたとは思えないほど、ふんわり柔らかなクラム。




wafunisyokupan.jpg

2本焼いて、1本は友だちにおすそわけ。
すっごく喜んでくれたのでうれしかった。


  * * *

畑では夏野菜が毎日収穫できるようになった。

今日は朝5時に起きて畑へ。
涼しくて気持ちよかった。

点在する畑をぐるっとパトロールするのに約1時間。
最後は汗びっしょりになって帰ってきた。

この5時起き生活、毎日続けられるといいのだが・・・。

ホシノで豆パン

mamepan_20130708155600.jpg

ホシノ丹沢酵母生地で、鹿の子大納言を包んで焼いた豆パン。

朝ごはんのときに食べて、おやつのときにも食べて。
200gのお粉で9個作ったけど、きっとあっという間になくなる。


  * * *

唐突に梅雨明け。・・・べらぼうに暑いゼ!

なんだかうすら寒くて、冬のパーカを出して着ていたのはほんの一週間前。
この温度差に体がついていかないよ。 

黒糖レーズン食パン

最近、ホシノ丹沢酵母の黒糖パンがマイブーム。
今回はレーズンちょっぴりとくるみを入れて、ミニ食パンを焼いた。


kokutourasin.jpg

レーズンが入ったパン、ホントはあんまり好きじゃないのでほんのちょっぴり入れただけ。
かわりに大好きなくるみはいっぱい入れた。

自分仕様で自由に作れるから手作りはやめられない。



kokutourasincut.jpg

ふわふわ~なクラムがおいしいわー。
黒糖の素朴な甘さと風味に絶賛ハマり中。

ホシノでパン・ド・ミ

pandomi_20130705201958.jpg

ホシノ丹沢酵母で焼いたパン・ド・ミ。
ミニパウンド型を使って、かわいい三つ山に成形した。

砂糖と油脂がちょっぴりずつ入るけど、基本はリーン。




focatya_20130705201957.jpg

パン・ド・ミ生地でフォカッチャ。
オリーブオイルをたっぷりしみ込ませているけど、油っぽくない。

これにグリルした夏野菜をのせてもおいしそう~

ジャム作り


umejyam.jpg

梅ジャム。

   『ハッピースマイルキッチン』 小梅さん のレシピをお借りしました。
   いつもありがとうございます




ume_20130703160952.jpg

この梅はうちの畑に落ちてきた完熟梅。
9個だけ拾わせてもらった。

毎年大きな実がたくさんなるのに、管理する人がいなくて放置されてしまっている、かわいそうな梅。




umejyamnabe.jpg

完熟梅ジャムは色がとてもきれい。
煮込んでいる間、キッチンはいい香りでいっぱい。

出来上がったジャムはヨーグルトにかけて、さっそく甘酸っぱい味わいを楽しんだ。




berryjyam.jpg

ワイルドストロベリージャム。
5月ごろから実りはじめたのを冷凍してためておき、まとめて煮込んだ。

生で食べてもあんまりおいしくないのに、
ジャムにすると甘酸っぱい味といい香りといい、絶品。

黒糖くるみ食パン

kokutoukurumipan.jpg

黒糖入りのホシノ生地にくるみを入れた、黒糖くるみ食パン。

出かける時間から逆算したら、微妙に間に合わないことがわかったので、
ベンチタイムはなし。

丸めた生地を型に入れて発酵→あせりながら焼成。

・・・出かける時間にギリギリ間に合った。



kokutoukurumipancut.jpg

こくのあるほんのり甘い黒糖とくるみはよく合う。
ついでにコーヒーともよく合うので、朝ごはんにぴったり

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR