Entries

凸凹な食パン

hosinosyokupan_20130630170447.jpg

ここまでお山がそろわなかった食パンを焼いたのは、初めてかも。(ノェ`。)

ホシノ丹沢酵母と春よ恋だから、味はおいしいのにもったいない。



hosinojyampan.jpg

余った生地でジャムパンを作った。
入れたのは紅茶風味のりんごジャム。

中からアツアツのジャムが流れ出たところが、味が染みてておいしいの。(≧▽≦)

スポンサーサイト

マンゴー酵母のクッぺ

いただきものの台湾マンゴーを食べた。
最後に残った大きな種には実がけっこう残ってる。
  

      ・・・・・


mangokoubo.jpg

マンゴー種と水と砂糖少々で酵母を起こしてみた。(≧艸≦)


   あとで調べてみたら、ドライマンゴーで酵母は起こせるらしい。
   よく考えてみればレーズンで酵母ができるのだから、ドライマンゴーもありだ。

   さすがに種を使う人は。。。私くらいか?




mangopan.jpg

前回の自家製いちご酵母と同じ要領でクッぺを焼いてみたが、出来はイマイチな感じ。



mangopancut.jpg

なので、全然期待せず切ってみたら、あらま。
意外に気泡ができていた。

引きの強い、がっちりした食べ応えのクッぺだった。



種々さまざまなものからの酵母起こし。
理科の実験のようでもあり、とても楽しい。


  * * *

サービスカウンターで商品券を買ったら、
包装に少し時間がかかる、と言われたので、
じゃあ買い物済ませてから取りに来ます~。と、にっこり笑って退場。


買い物終わった。

家に帰った。


  あれっ。商品券もらったか?

  あーーー!忘れたっ。


またお店に逆戻り。 



   ・・・年のせいかな? ┐(´-`)┌

ホシノでベーグル

bagle_20130627142132.jpg

ホシノ丹沢酵母と春よ恋のベーグル。


ベーグル、うまくできなくなっちゃった~。
作れば作るほど迷路に陥ってる感じ。 

ホシノで豆太鼓

ドライイーストで習ったパンを、ホシノでも作りたい。
大事なレシピをちょこっとアレンジ。


こねないホシノ天然酵母の食パン生地に、スキムミルクを加え、
ちょっぴりミルキーな生地を作って、


hosino
豆太鼓、できた。
鹿の子大納言とくるみがゴロゴロ。


お気に入りの配合がいくつかあれば、
成形を変えたり、配合を少しだけいじったり、
フィリングやトッピングを加えたりして、いろいろなおうちパンが作れる。




イングリッシュマフィン型がほしいなー。。。と思い続けながら、

hosino

今も結局、お手製の型を愛用中。
紙パック製だけど意外に丈夫。

側面の焼き色がどうしても薄くなるけど、おうちパンだし。
たまにしか使わないし、捨てても作り直しが簡単。

昨日のパン教室で

作ってきたパンたち。

pankyousitu

アップルティーブレッド(左)。

紅茶葉を混ぜ込んだふわっふわなパン生地で、
カスタードクリームをこれでもかっ!というくらい詰めた。

ずっしり重いー。そしておいしい~



枝豆チーズパン(右)。

枝豆にチーズは鉄板でしょ! ビールのお供にもよさそう。




pankyousitu

バナナスムージーを作っていただいた。
下にはシリアルが隠れている。

バナナ嫌いだけど全然気にならず、おいしくいただいた。
ミキサーを毎回洗うのが面倒なので、私は絶対に作らないけど。

ホシノで黒糖食パン

hosino

ホシノ丹沢酵母で黒糖食パンを焼いた。
パウンド型でミニ食にした。



hosino
翌日。ふわふわもっちり。

トーストしないでこのまま食べた。
ほんのり甘くてこくのある黒糖風味、おいしー!


 * * *

コンフェデ杯のイタリア戦をテレビ観戦した。

日本代表の目標はここではなく、もっともっと高いところにあるから、
イタリア相手に手ごたえを感じたことなど、選手たちは全然喜んではいないだろうけど。


ブラジル戦より全然見ごたえあっていいゲームだったと思うわ。
4失点は残念だけど、イタリア相手に3得点なんだもの。


最後メキシコ戦、一矢報いてほしいよ。

滋賀ドライブ便り

梅雨の晴れ間の一日、滋賀県までドライブした。
どうしても行きたいところは、まずはヒトミワイナリーのパン工房。

ワイナリーに併設されているだけあって、パンはどれもワインに合うお食事パン系。
試食がたくさん出ているので、安心して気に入ったものを買えた。

ワインの試飲もあるけれど、私は飲めないので・・・
試飲できない分説明書きをよくよく読んで、気になったワインも一緒に購入。


hibinokoto
いちじくとゴルゴンゾーラ、バジル、ベーコンチーズ、いちじくとくるみ。
ワインはまだ飲んでない。。。




次の目的地、ランチを食べに香想庵へ。

hibinokoto
落ち着くわ。。。


オープンと同時にお店に行ったけれど、
前の団体さんを済ませてからお呼びします、と言われて、30分くらい待った。

不思議なことに、この待ち時間が全然イヤじゃないの。
ここではゆったりした時間が流れていて、心が落ち着く。



hibinokoto
鹿ローストをいただいた。

地産地消にこだわった食材で、素材を生かした味付け。
どれもおいしくいただいたけど、中でもおかわり自由の玄米入りおかゆがおいしかった。
うっすら塩味でやさしい~。

このほかに、食事前にお抹茶と小さな和菓子が出て、食事後にミルクジェラートがついた。

いつもの慌ただしい生活を一切忘れ、ゆっくり1時間くらいかけていただいた。





最後に、彦根のジュブリルタンへ。
クラブハリエのパン部門。一度行ってみたかった。

undefined
ここはリゾートですか?

琵琶湖畔に白亜の建物がどーん。

海なし県に住む私には、琵琶湖も海に見える。
すごく気分があがった。



undefined
ここでもパンを購入。
ヴィエノワズリー、近江牛のカレーフーガス、など。

女子の心をくすぐるようなオシャレなパンがたくさんあった。



undefined
パンを入れる袋がシャカシャカビニール袋じゃなくて、クラブハリエのロゴ入りろう引き袋。
これはポイント高い!




道の駅あいとうマーガレットステーションの産直市場で、キャベツを1玉購入。
ずっしり重くて新鮮で、これで130円なら安いっ!

なぜか高級マスクメロンが飛ぶように売れていた。
レジに並ぶ人みんなメロンの箱を持っていて、その中にキャベツを1個抱えた私が。
可笑しかった。

セーグル・フリュイ

hosino

ホシノ丹沢酵母でセーグル・フリュイを焼いた。


ん?

フィリングはくるみとチョコチップ。
フルーツは入れてなかった、そういえば。


ライ麦パンにチョコチップ。
売ってるパンにはあまりないコラボな気はするけど、けっこう合うと思う。

フロランタン

『ハッピースマイルキッチン』小梅さんのクッキー本より、フロランタンを作った。

甘みあっさり、生クリームを使ってないのにちゃんとコクがある。
おいしい



yougasi

2口くらいで食べられる、小さいサイズにカットした。

1個でおしまい、よりも、小さくても2個食べた!と思えば満足。
それに数がたくさんできて、こんなにいっぱいある!という満足感も。

気持ちの問題ってすっごく大事。 ぷぷっ。


ナッツ類の使いかけは冷凍庫に入れているので、酸化対策は万全。
・・・と思っていたら、たとえ冷凍であろうと酸化は進むらしい。

メテイユ・オ・ドゥ・クルール

hosino
ホシノ食パンの生地を2つに分けて、片方にインスタントコーヒーを投入。



hosino
2色の生地をそれぞれひも状にして、ねじねじすれば、メテイユ・オ・ドゥ・クルール。

もうちょいきちんとねじりたかったのに。
もたついているうちにくっついてしまった。



hosino
カット面がそれぞれちがってカワイイ

もともとはドライイーストで習ったお気に入りだけど、レシピをよく見ると配合はほぼ食パン。
ならば、と、こねないホシノ食パンで作ってみた。



hosino
50g余った生地はツイストさせてプチパンに。
1個しかないレアもの。

お茶あんパン

hosino

ホシノの食パンにお茶1%、抹茶1%、水2%足して、
お茶の香り豊かな生地を作った。

甘みあっさり自家製粒あんを包んで、けしの実をトッピング。

お茶あんパン、できた。


ちょうど手のひらにのるくらいの大きさで、あんこたっぷり。
1個でお腹いっぱいになっちゃう。

梅仕事

家の青梅を収穫した。



hibinokoto

今年は粒が大きくて、キズの少ないきれいなのが3キロくらいあった。
作業の手間を考えたら、このくらいの収穫量がベスト。

ちなみに、去年は見た目の悪いのが多くて、5キロ強。
おととしはたったの19個。

梅も当たり年やはずれ年があるようだ。



さっそくホワイトリカーや氷砂糖などを買い出しに、すぐ近くのスーパーへ。
ちょっと持ち上げるだけで腕がちぎれそうなくらい重かった。。。




hibinokoto

今年の梅仕事は、梅みそ、梅サワー、梅酒、梅干し、というラインナップ。


梅みそは酢みそがわりに使えてとっても重宝。
エキスを搾り取られた梅は捨ててしまうので、傷だらけの梅がここで役に立つ。
いそいそと自家製みそを出していたら、夫が「梅をみそに漬けるのか?!」 と。

何をいまさら。
きのうも食べたじゃん。
こっちの方がびっくりしたわ。

黒ゴマパン

ホシノ生種を切らしたので、サフでパン焼き。

ふだんホシノでの~んびり作っているので、
ドライイーストのペースに微妙についていけなくて、あたふたしてしまった。


saf

黒ゴマがプチプチして香ばしい。




saf

黒ゴマチーズ。




saf

黒ゴマスティックも作った。
チーズスティックは欲張ってチーズをかけすぎ、いかだのようにつながった。

ビールに合うのコレ!

ホシノでパン・ド・ミ

hosino

ホシノ丹沢酵母でパン・ド・ミを焼いた。
モルトとオリーブオイルをちょっぴり入れてある。

手荒れ悪化につき、生地をあまりさわりたくないので、
ゴムベラで適当に混ぜて、たたんでは押さえ・・・を繰り返して、こねたつもり。
あとは途中でパンチを入れただけ。
それでもそん色なくできた。

なめらかプリン

残った生クリーム消費のため、なめらかプリンを作った。

  どちらかというと、牛乳で作る昔ながらのプリンのほうが好きだけど。



yougasi

プリンは蒸す派。
ほっとけるしオーブンより断然早いと思う。



yougasi

カラメルはタブレット派。
カラメルべったりの鍋のあと始末でうんざりするくらいなら、タブレットでいい。



4個作ったけど、夫にあげたのは1個だけ。
味見と食後のおやつとして、ほとんど私のお腹の中~。

ホシノでロールパン

hosino

ホシノ丹沢酵母と春よ恋のロールパン。

たまたま残っていた卵の白身を塗って焼いた。
控え目なつやが私好み。



最近手荒れがひどいので、こねないで作れるパンはありがたい存在。

ホシノで黒糖プチパン

朝ごはんにはもちろん、おやつとしても食べられるように、小ぶりなパンを焼いてみた。


hosino

酵母はホシノ。



hosino

黒糖チョコパン。
チョコチップがとろーり溶けて、おいしい~



hosino

黒糖くるみパン。
クープを入れて、バターとグラニュー糖をのせて焼成。

くるみが香ばしくて、あとを引く。




オーブンを石釜(東芝)に替えてから、
もう一台ある電子レンジと一緒に使うと、ブレーカーが落ちることが判明。

「さすが石釜ハイパワー! いい仕事するぜっ!」 と、私は思ったのだが、
夫は電気代が気になったらしく、「深夜電気使えば?」 と、のたまった。

いーじゃないの!そのくらい。
一日に何時間も使うわけじゃなし。

というわけで・・・無視です。

ホシノで食パン

ホシノ丹沢酵母で食パンを焼いた。

お粉は春よ恋と全粒粉をブレンド。
ほんのりベージュ色に焼き上がった。


hosino

釜伸びもよく、ふんわりもっちり。



実はこの2日前、春よ恋100%で食パンを焼いたのだが、
うっかり忘れて過発酵気味なものができた。
食べればギリ許容範囲だけど、表面が若干荒れてしまいガッカリ。

なので2回目はちゃんとタイマーフル活用。
リベンジは果たしたと思う。




hosino

ちょっぴり余ったパン生地は鹿の子丸パンにして、焼き立てをパクッとお味見。
作った人の特権!

夏みかんマーマレード

刈谷の産直市場で4個200円の夏みかんを見つけ、超激安に思わず飛びついた。

しかし、酸っぱくはないけど甘くもないという、少し残念なお味だったので、
残った2個はマーマレードにした。



jyam

甘くてほんのり苦い、マーマレードできた。

子供のころはこの苦さがダメで、マーマレード大嫌いだったけど。
毎朝ヨーグルトにかけておいしく食べている今日このごろ。




産直市場は大好きで、出先で見つけると寄らずにはいられない。
刈谷は魚なんかも売っていて、見るだけでもすごく楽しかった。

時間がなさすぎて、夏みかんをゲットするのが精いっぱいだったのが残念。

もし自分の車で行っていたとしたら、たぶん半日くらい市場を回って遊べたな。

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR