Entries

コーヒーブレッド

saf

甘~いおやつパンが食べたくなり、ミルクシートを折り込んでコーヒーブレッドを焼いた。

ミルクシートは教室で習ってきたお手製。
レンチンでカンタンにできるんだよって教わってきたけど、何せレンジでカスタードが炊けない私。
このミルクシートも鍋で炊いて作った。




saf

マフィン型で12個のパンができた。

   もう1個食べちゃおっかな~。。。ぱくっ。

・・・ってなりがちな、キケンなサイズ。

本当はカスタードと生クリームを合わせたおいしいクリームをトッピングして完成なのだが、
摂取カロリーがハンパない気がして、粉糖まででやめといた。

それでも充分甘くて満足。


  * * *

家中のカーテンを洗濯した。

なんだか部屋が明るくなった気がする。
たぶん、洗った本人しか気付いてないけどね~。

スポンサーサイト

ホシノで白パン

コロンとまあるい白パンを焼いた。

hosino

ふわふわでしっとりしたクラムがお気に入りの朝食用。




hosino

鹿の子大納言を包んで、お約束の豆パン。
こちらはおやつ用なので、白パンよりひとまわり小さくした。


 * * *

梅雨入りして2日目。じめじめして暑い。。。

苦手な季節、到来。

キッシュ

deli


数日前、キッシュを作った。

パートは前に作って冷凍してあったので、
ひっぱり出して解凍している間にフィリング作り。

じゃがいも、ベーコン、玉ねぎ、エリンギ。
家にあるものでこしらえた。




deli

キッシュ~間引きルッコラ添え。



晩ごはんは軽くこれだけにして、ヨガ教室に行ったまではよかったが、
あまりの暑さに耐えきれず、帰宅後ビールを開けちゃった!

バターロール

サフでバターロールを焼いた。
今回は基本に立ち返り、温度湿度に気を配り、汗をかきかき手で20分間がっつりこねた。


saf

焼き上がった時は心地よい疲れとともに、
初めてパンが焼けたときの感動がよみがえったわ~



saf

ちょっと気恥ずかしいくらいのつやぴかパン、完成。



パンも真剣に作ると疲れるな。。。なんて思いながらも、
薄い膜ができるまでしっかりこねたバターロールは、ふわふわでおいしかった!

ホシノでベーグル

久しぶりにベーグルを焼いた。

ホシノ丹沢酵母と春よ恋を使用。
むっちりとした食べ応え、香りがよくてお気に入り。


hosino
少しでもかわいく写るように、の親心。
向きをあれこれ変えて何枚も撮ったうちの1枚。ぷぷっ。


ケトリング中につなぎ目がはずれてしまったコがいたのに、
焼成したら何事もなかったかのように、奇跡的にくっついていた!

プチケーキ

yougasi

お気に入りの型で焼いた、プチケーキ。

ひょいとつまんで食べられるおやつがあると、うれしいのー。


  * * *


アブラムシよけになればと思い、畑にビールの空き缶を立ててみた。


立てているそばから、近所のおじさんがさっそくやってきて、
「その缶は何するの?」 と不思議な顔して聞かれたので、
「アブラムシよけの実験でーす。」 と、返事しておいた。


また妙なことをやってるな、と思われたんだろうな。




   ・・・ちなみに。
   これはテレビでやっていたのをちら見した、私のぼんやり記憶のみで、
   すでについてしまったアブラムシに効果があるかもわかりません。
   それを含めて実験中。

   期待した方がおられましたら申し訳ありません。

鹿の子食パン

パウンド型で、ちびサイズの食パンを焼いた。

ホシノ丹沢酵母と春よ恋を使用。
パン生地はもちろん、こねないで作った。


hosino

大好きな鹿の子大納言をくるくる巻き込んで、クープに有塩バターをのせて焼成。
トーストしてバターを塗って食べたら、さらに美味




hosino
鹿の子、もっと入れればよかったな。 

いちごジャムのガレット

いちごのかわりにいちごジャムを入れて、ミニガレットを焼いた。

ちゃんとできるか一抹の不安はあったものの、まあそれなりになった。
いちごの時期が終わっても、いちごのガレットなものはできる、と。


hosino

アーモンドクリームの上にのっけたのも、いちごジャム。




hosino

紫芋パウダーで色づけする場合は増量したほうがいい。
ちょっと色が薄かった。




hosino

お焼き風も作ってみた。

フィリングとして、ふと目についたキャラメルを入れてみたところ、
見事に全部、閉じ目から流出。

ま、それはそれで。
カリカリキャラメル、おいしかった。


湯こね食パン

hosino

ホシノ丹沢酵母の湯こね食パン。



hosino

クラムはふわっふわ、クラストはもっちり香ばしく焼き上がった。
そいでもってすごくいい香り~。

食パンは断然トースト派だけど、これはそのまま食べたほうがおいしい。



hosino

すっかりハマってしまって、続けざまに焼いた。



hosino

余った生地でチョコチップを包んだ、おやつパンも作った。
ふわっふわでめっちゃウマ!!


ゴールデンヨット50%配合で、ボリュームが出てふわふわになる。
すっかり気に入ったので、さっそくお粉を発注した。



ビジーデーケーキ

藤野真紀子さんのレシピで、ビジーデーケーキを焼いた。


yougasi

「忙しい日でもワンボウルであっという間に作れる」 に心ひかれ、それから材料チェック。

  ・・・

全部揃ってる!

せっかく芽生えたやる気をそがれずにすんだ。




yougasi

作り方も簡単。
材料を順番にボウルに入れて、ただすり混ぜるだけ。
なんて楽ちんなのー!



yougasi

粗熱が取れたところで一切れパクリ。ふんわり柔らかなスポンジケーキ風。
それはそれでおいしいと思って食べた。

それが一日置いたら、食感も風味もしっとりと落ち着いて、まるで高級洋菓子のよう。



10年くらい前に買った本だけど、今でもとても洗練されたレシピだと思った。

ホシノでフォカッチャ

庭で育てているローズマリーの新芽を摘んで、フォカッチャを焼いた。


hosino
ドーンとでっかいフォカッチャ、食べたかったのだ。




hosino
生地は、こねないホシノ食パン生地を流用。

オイリーなトッピングにもよく合う、懐の深ーい食パン生地。
食パンだけじゃもったいない。
得意の、生地使いまわし技を発動。



夜寝る前にパンチを入れてから、念のため冷蔵庫の野菜室へIN。
なのに翌朝、ちょうど3倍くらいになっていて驚いた。
室温放置しなくて本当によかった。




hosino
パン生地をちょこっと取り分けて、ダブルチーズもできた。
(プロセスチーズ&シュレッドチーズ)



いちご酵母プチパン

jikaseikoubo
自家製いちご酵母でプチパンを焼いた。

食感を言い表すと、むぎゅっ、むぎゅっ。
いちごの香りがほんのり。
これはこれで、味わい深いパン。(親の欲目?)

ふわふわの柔らかいパンが好きな人(例えばうちの夫)は、苦手な感じかも。




jikaseikoubo
チョコチップを入れて、おやつパンに。

あちこちはぜたりして、形がヘンだけど、
むっちりパンにチョコチップ、おいしかった。




jikaseikoubo
別の日に焼いたクッぺ。
残った酵母を使い切った、最後のいちご酵母パン。

クラムがバリバリッとして、ホントにおいしかった。




元種を作ると、それがどんどん増えてしまって、プレッシャーになるし、
継いでるうちに元気がなくなってくると、ストレスになる。

それに比べて、液種で仕込むストレート法は、とても楽しくパンが焼けた。

今度はどんな酵母を起こそうか、とワクワクしている自分にビックリ。

ホシノでロールパン

undefined

ホシノ丹沢酵母でロールパン復習。

目標は段々がくっきりついたロールパンだけど、
これはちょっと、のっぺらぼうになりかけ。

・・・むぅぅ。 

5月のパン教室

パン教室に行ってきた。

pankyousitu
ごまごまパン。

生地に黒ゴマ、フィリングも黒ゴマあん。
あんが甘すぎなくておいしかった。



pankyousitu
上下を鉄板ではさんで焼いたのは、さらにクラムが香ばしい。
端っこマニア(パンの耳好き)垂涎。



pankyousitu
お花パン。

ほんのり甘みがあっておいしいパン生地だった。

家ではスリムロング型で焼いてみようかな。

いちご酵母のクッぺ

最近のマイブーム、クッぺ。
バゲットは焼けないけど、クッぺならできそうなので。


jikaseikoubo

自家製いちご酵母でクッぺを焼いてみた。

クープを1本入れたほうは、なかなかの出来栄え。
2本入れたのは、はぜた。



jikaseikoubo
気泡がいっぱい。 いい感じ~。
クラストバリッ、クラムはもっちりして少し灰色がかっている。


今回は初めて、液種で生地を仕込んだ。

 一次発酵は確かに時間がかかるけれど、元種を作らなくていいのでその分早い。
 生地をこねるときから、ずーっといちごのいい香りに癒される。
 パンになってもいちごがほんのり香る。

液種仕込みのほうが私に合ってるかも。



jikaseikoubo

いちごで酵母起こしたのは初めて。

3日たっても、4日たっても、なかなかぷくぷくしてこなかったので、
お亡くなりになったかとやきもき。

5日目、残念だけど廃棄処分に、と思ってフタを開けたら、
いきなりサイダーのような泡があふれるくらい出てきて、ビックリした!
唐突すぎる・・・




jikaseikoubo
初のいちご酵母液種。
今も元気に、シュワー。

あのとき捨てなくてよかった。


 

フレンチトースト

outideri
シュレッドチーズと粗びき黒コショウで、甘くないフレンチトースト。



フレンチトーストの甘いのと甘くないのと両方食べたいとき、
いかに手間を最小限にできるか。というお試し企画。



砂糖を入れずに卵液を作り、バゲットを浸す。
バターを敷いたフライパンで焼き、半分にチーズと黒コショウON。
残り半分はお皿にとってからメープルシロップをかけて、完成。



手間最小限で2種類のフレンチトーストが楽しめた。
いと満足なり。


スイートポテトロール

18センチのケーキ型で焼いた、スイートポテトロール。


hosino
・・・デカッ!!
最近は15センチの型を使うことが多いので、よけいにそう思うのかも。

ちいさなロールをぎっしり型に詰めて、ちぎりパンみたいにしてみた。

   ホントは間違えて分割してしまったんだけどね。ぷぷぷ。




hosino
カットしてみると本当にケーキみたい。
たまには大きい型で、ボリュームいっぱいに焼くのもいいな~。

いちごのガレット

『こねないたたかないホシノ天然酵母パン教室』で習ってきた、
いちごのガレットをまた焼いた。


hosino
飾るいちごを食べてしまったので、
いちごの・・・、といいつつ、飾ってあるのは白桃。

生地にはちゃんと本物のいちごをつぶして入れてある。



hosino

カットしてびっくり。
生地をちゃんと平らに伸ばしてなかったのがバレバレ。



天然酵母パンというと、リーンなパンのイメージだけど、
まるでケーキのような、こんなかわいらしいパンもできるなんてステキ!

フォカッチャ

先日、夫が「今日オレ、晩めしいらん。」と言い置いて出かけていった。

じゃ、ひとり晩ごはんはパンにしよっと。
というわけで、パン生地をいそいそとこねた。


saf
フォカッチャ。

ローズマリーを混ぜたので、さわやかな香り。
オリーブオイルともよく合う。



saf
残った生地は(というか、わざと余らせた)スティックに。


フォカッチャをもぐもぐ。
冷たいビールをグビッ。
スティックをカリカリ。

  ・・・

無限のループ。


ビールと炭水化物だけじゃあまりにバランス悪い気がしたので、
きゅうりサラダを作ってかじっておいた。 ぷぷぷっ。

くーぷトースト

saf

久しぶりに焼いた、門間みかさんのくーぷトースト。
トーストするとホントにおいしい。



オーブンを買い換えたことにより、
1.5斤の山形食パンが余裕で焼けるようになり、うれしい。

旧オーブンでは天井がくっついてしまって、焼けなかったので。


  * * *

5月。

ムクドリが一家総出で、土手でエサをついばんでいたり、
ツバメがピュンピュン飛ぶのを見かけるようになった。

今朝もトンビとカラスがけんかしているのを見たし、
オスのキジが、休耕田をそそくさと走り抜けるところも偶然目撃。


田畑では耕運機や草刈り機の音が響き渡り、
合間にキジがケーンケーンと鳴きわめいている。 ぷぷっ。

もう黄砂の心配もないようで、
新緑におおわれた山がとてもきれいに見える。


   目に青葉 山ほととぎす 初ガツオ

この時期、いつもこれを思い出しては、あぁカツオのたたきを食べなくちゃ・・・と思う。
(大好きなので (。^m^。) )



カントリーロール

hosino

ホシノ丹沢酵母でカントリーロールを焼いた。

成形はくしゅっとまとめるだけにして、
仕上げ発酵を早めにあげて、もっちり感を出す。

はちみつやらスキムミルクやら、副材料がいろいろ入るので、
計量はめんどうくさいけど、そこから先は楽ちん。
そしておいしい。



hosino
同じパン生地で。
絶対はずせない豆パン。

鹿の子大納言をたくさん包んであるので、パンがしっとり甘くて。
冷めてもおいしくいただける。

わざと小さく作って、小腹がすいたときにパクッ。

しあわせ~

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR