Entries

ジャポネ

余ったパン生地をまーるく伸ばして、ピザを作った。

hosino
おうちでひとりランチ。



ジャポネ。

伸ばした生地にゆずこしょうを塗って、レンチンしたじゃがいもをのせる。
オリーブオイルをかけて、シュレッドチーズをのせて、
パセリの代わりに水菜を刻んで上にパラリ。

210℃のオーブンでこんがり焼成して出来上がり。

ゆずこしょうであっさり食べられる。



おうちピザを作る時は、ほぼ100%の確率で登場するお気に入り。
うちに来た人全員に食べさせてる気がする。

スポンサーサイト

ホシノでクッぺ

フランスパンを焼くのは苦手。
でも、小さいクッぺならできるかも。

5個だけ作ってみた。

  ・・・・・

hosino
2個成功。

あとは失敗。(写真もなし!)



hosino
上手にできたものは、クラムに気泡がいっぱい。

フランスパンは焼き立てが命。
クラストバリッ、クラムはもちっ。 ウマッ

これを味わえるのは、パンを焼いた人の特権!


パン教室へ行ってきた。

pankyousitu

パン教室で、ゴマチーズバンズとフルーツカスタードを習ってきた。

香ばしいゴマチーズバンズ。
準強力粉とライ麦で、さっくり歯切れのよいパン。

超リッチな配合のフルーツカスタード。
1日たってもパンがふわふわ、柔らかーい。
ほかのフルーツに替えてもいい感じ。




pankyousitu

お腹いっぱいになったランチ。



白玉粉と上新粉でみたらし団子も作った。
たれのとろみ加減が絶妙!

  * * *

どんなに狭い駐車スペースだろうと、絶対に車を入れる自信があったのに。

袋小路になった一番奥に1か所だけあいていたので、
そこに無理やり入ろうと切り返しを始めたら、
前後の車にぴたっと挟まれる格好になり、動きがとれなくなってしまった。

ほんの数センチずつ切り返して切り返して。
奮闘していたのはたぶん5分くらいだと思うけど、
それを見かねた女性が誘導役を買って出てくださって、なんとか無事生還。

ものすごく焦っていた私にとって、救いの神でした。

恩返し、じゃないけど、
私も、困っている人を見かけたら手を差し伸べられる人になろう。



その後、私の車が通路をふさいでいたため、出られず待機していた人が、
待ってましたとばかりに出ていって。

・・・申し訳ない。

春だな~♪

outigohan
たけのこごはんと山菜の天ぷら。

掘りたてのたけのこをぬかといっしょにゆでた。

山菜はコンテツ(こしあぶら)とタラの芽。
夫と山へ入って採ってきた。

おいしいものを食べるためなら、手間は惜しまず。

鬼まんじゅう

天ぷらにしようと思って、1本だけ買ってきたさつまいも。
大きかったので、半分は鬼まんじゅうにした。

wagasi

上白糖が家になかったので、黒糖鬼まんじゅう。
白玉粉を少し入れてあるので、もちっとしている。




蒸しパンのようなふわふわした鬼まんは苦手。
やっぱりもちっとしてないと。

もちもち食感へのこだわりは、たぶん母親ゆずり。

子供のころ、母が作ってくれた鬼まんは生地が強力粉でできており、
蒸したてはもちもちしてすごくおいしかった。

ただし冷めると恐ろしいほどカチカチに。笑

ホシノで食パン

hosino

ホシノ丹沢酵母で食パンを焼いた。
毎日食べても飽きない、大好きな食パン。

朝起きてすぐ仕込んで、焼き上がったのは夜9時半。
気温が低かったから、発酵するのに時間がかかってしまった。



パンを焼いたわ~ という満足感でいっぱい。

ホシノでガレット

いちごのガレットのレシピをアレンジしたバージョン。


hosino
アーモンドのガレット。



hosino
フィリングはタルトレットの残りを使いまわし。




hosino
残った生地はかわいいプチパンに。




hosino
いちごのかわりに牛乳を入れたので、ふわふわ~


このパン生地はおいしくて、いろいろに応用できそうで好き~!

くるみとクランベリーのパン

hosino

少し前に焼いたパン。
ホシノのリーンな生地にくるみとクランベリー入り。


 * * *

数日前、パンをもらった。

pannotora
パンのとら。

クラストは香ばしく、クラムは甘みがあってもっちりふわっ。
夫も 「このパン、ウマッ!」 と、いたくお気に召していた。

相当リッチな配合みたいで。
いつも通りにトーストしたら、えらく焦げてびっくり。




何せ、自家製りんご酵母パンを大量生産した直後。
パン在庫がこれでさらに増えて、思わず笑ってしまったけれど、
おいしいパンをいただけるのは幸せ。

今はだいぶパンのストックが減ってきた。
また楽しいパン焼きライフが戻ってくるわ~


じゃがいものキッシュ

サクサクタルト熱はいまだ冷めやらず。
今度は甘くないキッシュを作ってみた。


deli
じゃがいも、新玉ねぎ、ベーコンのキッシュ。 定番!
残念ながら味がちょっと薄かったけど、サクサクに満足。




フードプロセッサーを使うついで、ってことで、
タルトの生地とキッシュの生地、各々2台分ずつ作り、
半分は次回のために冷凍庫にストック完了。

もちろん日にちと名前をつけました。 (←これ大事

栗のタルトレット(たぶん・・)

サクサクのタルトが食べたいな。

ふと思い立って、冷凍庫をごそごそ。
栗きんとんペーストをひっぱり出した。

ここからはフードプロセッサーが大活躍~。



yougasi

マフィン型でタルトレットのように焼いてみた。
早く火が通るし、切り分ける手間いらずなのがいい。



yougasi

サクサクタルト、おいし~

でも栗っぽくなくてスイートポテトの味がする。
おかしいなー。さつまいもペーストだったかなー???

今となっては思い出せず。

これからはちゃんと名札をつけてから冷凍庫にストックしよ。

りんご酵母クッぺ

2回パンを焼いた後、一度だけ継いだ自家製りんご酵母は、まだまだ元気そう。
全量を使って最後に焼いたのはクッぺ。

jikaseikoubo
お粉はリスドォル。



jikaseikoubo
バターフィセル風も作ってみた。



jikaseikoubo
気泡は微妙。
成形をフランスパン風に真似ただけなので、ま、こんなもんデスね。 ┐(´-`)┌



 * * *

自家製酵母は確か過去2回挑戦。
2度ともかけ継ぎ後に種が弱ってしまい、泣く泣く捨てた覚えがある。

それに比べれば今回は大成功。
種が元気なうちに、せっせとパンを焼いてしまった方がいいという結論に。



りんごの皮と芯を卒業して、別の酵母を育ててみたい気持ちに駆られるが、
しばらくは丈夫なホシノで、安心して?パン焼きしよう。

りんご酵母食パン

今のところ機嫌良くぷくぷくしているりんご酵母。
『元気なうちに早くパンを作らねば。』

酵母を育てている間は、常にこんな強迫観念にかられる。


jikaseikoubo
パウンド型で、ミニ食パンを焼いた。
パンの在庫は、まだ大量にあるのだが・・・。やむを得ん。



jikaseikoubo
型の大きさに対して、生地量がちょっと多かったかもしれない。

1日たったものをトーストして食べてみた。
むちむちな食べ応え。
りんごの香りは・・・するようなしないような。

まっ何はともあれ育ての親としては、
体の弱いコだったのにこんなに立派になって・・・。(涙ポロッ)
っていう感じでしょうか。 (≧ε≦)ノ彡ギャハハハ

りんご酵母プチパン

りんごの皮と芯だけで、酵母を起こしてみた。

春らしくなってきた、といっても、まだ遅霜注意報が出るような気温。
発酵が遅々として進まず、液種完成までに8日もかかった。



jikaseikoubo
元種は、元気いっぱい!
3回のかけ継ぎでぷくぷくふくれ、りんごの香りの元種完成。



jikaseikoubo
まずはプチパンを12個焼いてみた。

ガマンできずに、焼き立てをパクッ。
ほのかにりんごの香りがする、
むっちりとはねかえすような歯ごたえのパン。

できた~~!



 * * *

自家製酵母を育てるとは、
例えると、体の弱い子供を預かっているような心境ではないだろうか。

使用する器具はいちいち熱湯消毒して、菌にやられないよう注意を払い、
寒くないか、暑くないか、機嫌はいいか、と、
常に様子をうかがい、お世話して。

その苦労に報いてくれて、一人前になったことが何よりの喜びとなって。

こうして自家製酵母にハマって行くのよね、きっと。


いちごのガレット~おうち編

持ち帰り生地は今日、焼き上げ&仕上げ。

hosino
18センチの型にアーモンドクリームを詰め過ぎた。
フィリングの入れ過ぎは、いちごをのせた時に不安定。


hosino
のせるいちごがこれまた大きかったので、のせにくいしすごいボリューム。


hosino
断面のツートンカラーがかわいくて好き!


hosino
残した生地は、2種類のプチパンに。
アーモンドクリームをかぶせたメロンパン風とサクラのパン。

低めの温度で焼いたので、ピンク色がきれい。




いちごのガレット~教室編

昨日は、ホシノ天然酵母パン教室に行ってきた。
メニューはいちごのガレット。

いちごをつぶして生地に混ぜ込み、平焼きにしたパンがどんな感じになるのか。
興味津津。

カワイイピンク色の生地を型に敷き詰めるのは、まさにタルトを作る感じだけど、
パートシュクレを敷くよりは断然楽。



pankyousitu
できた。カワイイ~

生地を伸ばしたときにふちが割れたところ、ちゃんと直しとけばよかった。
・・・と焼き上がってから気づく。



pankyousitu
断面も春らしい色合いでカワイイ~



pankyousitu
余った生地はサクラ形のブリオッシュ風パンに。
成形を変えたことで、食感も全然違うものになった。



pankyousitu
お持ち帰りパンはかわいくラッピングしていただいた。
このサプライズ感が本当にうれしいの~。

1日たったガレットは真ん中が少ししっとり落ち着いていながら、
ふちはまだサックサク。
おいしかった~。



サンカントへ行った時のお楽しみは、デザート。


sankant
大きなキッシュをパクパク食べて、


sankant
これまた大きなマンゴータルトもパクッ。


sankant
デザート選びで迷ったほかのタルトは、しっかりおうちに持ち帰り。
半分こしていただきました。

欲張りの食いしん坊デス・・・。





ホシノで塩麹パン

hosino

塩麹を入れて丸パンを焼いた。

今回は塩麹を半分に減らして、代わりに塩を加えてみた。
生地が格段に扱いやすくなり、ストレスフリー。


hosino

焼き立てを食べてみた。
もっちりふんわり。ウマ~

難をいえば、塩を計量するのが余分なひと手間。・・・言い過ぎか。

黒糖しょうがクッキー

道の駅だったか・・・で購入した黒糖しょうがパウダー。
これをお湯で溶いて飲むと、体がポカポカ温まる。
今冬の寒さを乗り切るうえで必需品だった。

あったかくなってきて、その役目もそろそろ終わりかと思われたので。

yougasi
黒糖しょうがクッキーを作った。
一気に消費を目論んで。

レシピは 『ハッピースマイルキッチン』 小梅さんのクッキー本にのっている、
ジンジャークッキーを参考に、
きび砂糖とジンジャーパウダーを、黒糖しょうがパウダーに置き換えた。



yougasi
バター少なめ、ポリポリッとした食感がとっても素朴で、あとをひくおいしさ。
これはすぐになくなっちゃうー。

 * * *

あったかくなった・・・と喜んだのもつかの間、
昨日の冷え込みで山が再び白く冠雪。

桜と山の残雪が同時、って! 近年ない珍しい風景。

残念な赤米ベーグル

地元産の赤米を、いつもの白米と混ぜて炊いてみたら、
ほんのり桜色のごはんが炊けた。

hibinokoto
塩おむすび。それだけでおいしい。


うちの夫、雑穀ごはんをひどく嫌がる。
大嫌いなお赤飯を思わせるから、らしい。
小豆じゃなくて赤米だから! と、何度説明してもダメなので、
このごはんは1食分ずつラップして、さっさと冷凍保存。

ごはんが足りない!という非常時に、私が食べる用。




パン生地に赤米ごはんをこね入れてベーグルを作ってみたが、できたのは残念な代物。

hosino

つぶれたごはんがべたべたくっついて、成形どころではなく。
丸めて、真ん中に指で穴をあけるのが精いっぱい。

なんとも残念なベーグルね。。。 

 * * *


hibinokoto
やっとこのあたりにも桜前線がやってきた~。

・・・と思ったら、あっという間の花散らしの風雨。
がっかり。


ホシノでプチパン

hosino

ホシノ丹沢酵母でプチパンをいろいろ焼いた。

・・・といっても、成形やトッピングを変えただけ。



hosino

ロールパン成形の練習は、もちろん今も継続中。


抹茶マカロン

マカロンに初挑戦してみた。

cake

マカロナージュをやりすぎちゃったかな~?
そのせいかどうかわからないが、厚みがあまり出なかったような。
まっ、ピエがきれいに出たのでそれで満足。



ねっとり激甘のマカロン、本当はあんまり好きじゃないの。
イタリアンメレンゲを混ぜた、あっさりめのバタークリームをはさんだが、
それでも私には激甘でくどいっ。

シャラシャラ軽い焼き上がりのメレンゲ菓子のほうが好みだ。。。

駿河の桜海老。ウマ~♪

hibinokoto
今日のお昼ごはん。



ごはんの上に桜海老としらすをのせて、駿河丼・・・としたかったところだけど、
丼ではごはんを食べすぎてしまうので、別のせに。

静岡のスーパーで買ってきた桜海老としらすは、全然生臭くなくてぷりっぷり。

いいなぁ。静岡県民がうらやましい。。。



ちなみに昨日のお昼ごはんは、丸子の『鐘庵』というお店で、
駿河丼と桜海老のかき揚げを食べたが、これがホントにおいしかった。
薄い衣がさくさくで繊細なかき揚げが、特に絶品!

地元のサラリーマンが次々に訪れるようなチェーン店らしく、お値段も激安。
お腹がすいてたまらず、目に付いたお店にパッと入ったので、
全然期待してなかった分、よけいにびっくりした!!

 * * *

saintetoile
新東名浜松SAのサンエトワールで。

成形の面白さでつい買ってしまった、浜松餃子パン。
かわいいうなぎイラストの紙をまとわせた、うなぎチョコパン。
一年前の新東名開通直後は、飛ぶように売れたという、メロンパン2種。
以上を購入。

お客にいかにインパクトを与え、買ってもらうか。
それに対するお店の惜しまぬ努力、しかと受け取りました。



黒ゴマスティック

saf

カリッとした食感と黒ゴマの香ばしさにハマり中。

ポリポリポリ・・・。
やめられなーい!

  * * *

ぼちぼち始まった畑仕事。

昨日は、種をまいて1年間育てたアスパラの株を掘り取って、植え替える作業。
うー・・・腰が痛い。

植え替え後さらに1年育てて、やっとアスパラにありつける。
先の長い話だけど、楽しみでもあり。

来年はおいしいアスパラが食べられるといいな~。

ホシノでミルク食パン

hosino

ホシノ丹沢酵母で食パンを焼いた。

『こねないホシノ天然酵母パン』のレシピに、スキムミルクを6%配合したら、
クラムがきめ細かく、ふんわりソフトな仕上がりに。

いつも焼いてるパンだけど、何かひとつ変えるだけで違いがくっきりとわかるのね~。




hosino

同じパン生地で、チーズパンもできた。
コロンと腰高に、かわいく焼けた。

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR