Entries

久しぶり~なパン教室♪

桜満開の並木を横目に見ながら、久しぶりのパン教室へ。

久しぶりすぎて、持ち物は何だったかが思い出せず。
まあ、エプロンとタオルと現金があればなんとかなるさっ! と思ったが、
案の定、筆記用具とクリアファイルを忘れた。



pankyousitu
グリーンブレッド。

ほうれん草の緑が鮮やか。
成形はリュスティックのように切り分けるだけ。かんたーん。



pankyousitu
桜クッキーパン。

抹茶のクッキー生地の上にあんを包んだパン生地をのせる、
いわばメロンパンのタルトタタン状態。
ふわふわなパンがおいしかったー!



pankyousitu
カット面はこんな感じ。



pankyousitu
出来上がったパンをKちゃんがきれいに並べてくれたので、私も便乗してパチリ。



pankyousitu
ランチ。

先生が作ってくださるランチメニューは、おうちランチをするときに大いに参考にしている。
今回もチキンナゲットを教えてもらった。



pankyousitu
桜ゼリーと、Kちゃん差し入れのねんりん屋のバウム。

いつもおいしいもの差し入れてくれて、ありがとう~。

  * * *

お花見のお年寄りが、横断歩道のないところをのんびり横断したり、
歩道やガードレールのないのをいいことに(?)、車道まではみ出して歩いていたり。
かなりの自由ぶり。
そんなところを車で走るのはマジで怖かった。

お花見もいいけど、ホント、気をつけてくださいよ。

スポンサーサイト

紅茶パン

紅茶葉を混ぜ込んだパンを焼いた。
使ったのはアールグレイのティーバッグ。
お茶として飲むにはくせがあるけど、製菓製パン用としてならお気に入り。

hosino
上にクッキー生地を絞って焼成。 キャップのようにかわいく焼けた。
ひさしのようなクッキー部分をまず食べて、その後パンをおもむろに食べるのが私的流儀。

オレンジピールを混ぜると、紅茶とよく合ってさらにおいしいのだけど、
残念ながらうちには在庫がなかったわ・・・。



hosino

成形を変えて、バターシュガー。

はさみでカットしたところがつんつん尖って、カワイイわ~ と、自画自賛。

  * * *

6日間連続のスクーリングをどうにか乗り切り。
意外に私、元気だなー。
・・・と思っていたら、2日後にドカッと疲れが来た。

寄る年波には勝てませんです。

ホシノでスコーン

hosino

少し前に作った、ホシノ丹沢酵母のスコーン。
3日くらい冷蔵庫で寝かせた生地を焼いたもの。

すぐ焼いたものよりも、ソフト感が増している。


初めて作った時は、フープロを回し過ぎて失敗!
それ以降はドレッジで切り混ぜる方式に。
洗い物が楽でいいわ~。

ちびフォカッチャ

saf

サフで焼いたフォカッチャ。

いつもより小さく分割して、かわいいサイズにしてみた。
これで直径8センチ。

ロー引きのペーパーでキャンディ包みにして、お弁当に。
たっぷりかけたオリーブオイルのおかげで、冷めてもまあまあおいしく食べれた。

そりゃ焼き立てのほうが数段おいしいけど。。。

ダブルチーズ

hosino

中に明治のスマートチーズを包んである。
味が濃いのでパンのフィリングにぴったり!

上にはピザ用チーズをのせて。

なので、ダブルチーズ。

ホシノでパン・ド・ミ

hosino

ホシノ丹沢酵母でパン・ド・ミを焼いた。
スリムロング型を使ったのは、ちょっと思いついたことがあって。



hosino

パンを7ミリ厚さにスライスして、かわいいサンドイッチを作った。
ミニサイズなので食べやすい。

私のお弁当を作るついでに夫の分も作って、テーブルの上に置いておいた。
ごはん党の夫だけど、珍しかったのか?残さず食べてあった。

塩麹パン

hosino

塩麹を入れたリーンなパンを焼いた。

もっちり感が増して風味がよくなるのは、塩麹効果ではないかと思う。
ホシノ天然酵母ととてもマッチする。

ただひとつ難をいえば、発酵させてる間に生地がかなりべたついて、
扱いにくいこと。

配合は再考の余地ありだ。

 * * *

麹つながりで。
ルヴァン・ドォルのチーズ入り麹フランスを買ってみた。

levaindor

ぐーんと窯伸びしたフォルム。
ボコボコとした気泡に、キラキラ輝くようなクラム。

薄くスライスしたのをトーストして食べると、
まー香ばしくておいしいこと!

こんなステキなパン、自分で焼きたいわー。


あったか肉まん

久しぶりに食べたくなったので、肉まんを作った。
同じ生地であんだけ変えて、かぼちゃまんとチーズまんも。

saf

かぼちゃとチーズはともかく、肉まんのクオリティが低すぎてへこむ。


saf
かぼちゃまん。


saf
チーズまん。これおいしかった!


saf
てっぺんが丸く穴あいた肉まん。
でもふかふかもっちりのパン生地はおいしい。

1個や2個の失敗なら、お腹に入れて証拠隠滅だけど、
ほとんど失敗なので・・・。

どうしましょ。

おうちでランチ。

  なぜか下書きのままだったので、今さら的な記事。


hibinokoto

hibinokoto

友達とおうちでランチ。
いっぱいしゃべって、いっぱい食べて。
時間がたつのが早いこと。あっという間。

  * * *

ランチの時間に合わせて大量にパンを焼くため、
事前にタイムスケジュールを作って、
上手にオーブンを回せるように考えていたのに、
途中でドライイーストが足りなくなるという大失態をしでかした。

朝の開店を待ってイーストを買いに走るという、
予定外な行動が追加になったせいで、
もはやオーブンの回転率どころではなく、ドタバタなパン焼きになった。

みんなが来る時間までにすべて焼き上がったし、
おいしいって喜んでもらってうれしかったけど、私的には大失敗。


黒ゴマスティック

saf

カリッと焼き上げた、黒ゴマスティック。
オリーブオイルをつけながら食べると、止まらない~。


失敗しちゃったパン生地でも、余ったパン生地でも、おいしくできる。

一度に何種類かパンを焼く時は、
待たせておいても大丈夫なものを一品入れておくと、とても気楽。

玉ねぎパン

saf
過発酵だし、くっついてるし。


バターで炒めた玉ねぎがほんのり甘くて、とてもおいしいパン。
・・・なんだけど、ちょっと失敗。

かぼちゃあんロール

hosino

こねないホシノ天然酵母パン教室のレシピ、スイートポテトロールのフィリングを、
かぼちゃあんに替えたパン。

紙カップで大きく焼いてみた。



この黒糖パン生地は、我が家ではヘビロテ。
フィリングを粒あんや栗あんに変えたり、そのまま黒糖パンとして食べたり。

気に入ってます。

リーンな丸パン

saf

門間みかさんレシピのリーンな丸パン。

クープが ぐいーっ!と開いたので、とってもうれしい!

バターフレーキ

四角くカットしたパン生地を数枚重ねたものを、マフィン型に入れて焼いた、バターフレーキ。

saf
直径14センチのミニクグロフ型に入れて焼けば、花のよう。
ちょっとかわいらしくなる。


本当はクロワッサンのようにバターを折り込むのだが、そこは割愛。
大きく伸ばした生地に柔らかくしたバターを塗って、切り重ねただけ。
おうちパンなのでそれでオッケー


saf

一枚ずつペロリとはがして、いただきます。


ニットスカート

生地屋さんへ行くと、ついつい予定外のモノを買っちゃう悪いクセが。
この綿ニット地も予定外。
柄が冬っぽいので迷った挙句、来年着ればいいじゃん!ってことにして購入。

nuimono

お気に入りの型紙をひっぱり出し、ウエストゴムのスカートに仕立てた。
レギンスと合わせて着るとカワイイと思う



ぬいものをするのはとても楽しくて、大好きなんだけど、
半端に残った布の処分には、いつも頭を悩ませる。

余らないようにギリギリ買うようにしてるのに、
この布は織りキズがあったので、
もう一枚スカートできるんじゃないの? っていうくらい、
かなり余分にカットされちゃった。

あんまりうれしくなかった。
同じスカート、二枚もいらんし・・・。

あんパン

hosino
↓のロールパン生地であんパンもできた。


hosino

おまんじゅうで練習したので、包あんはまあまあよ。


疲れた体をあんパンで癒す午後。

  * * *

いらなくなった植木鉢を処分しようと片付け始め、
何気に味噌蔵をのぞいたら、ここにも大量の古い植木鉢が鎮座。
しかもほとんどがひび入ったりしてて、使えない代物ばかり。

腰をうんとかがめなきゃ出入りできない味噌蔵から、
20個以上の植木鉢を全部出して片付けた・・・。

   腕が痛いよー


つくづく思ったのは、
とりあえず、って枕言葉付きで、後生大事にとっておくものって、
ほぼ100%使わない、ってこと。


ロールパン

hosino

ロールパン成形の復習。

集中レッスンで上手になったと思ったけど、
久しぶりにやったら、またもとに戻っちゃったかもしれない。

春よ恋を切らしてしまって、ちがう粉を使っているのでもの足りない。

それにしても、3か月半で2.5キロの春よ恋を使い切るという、
歴代最速ペースにびっくりした!

ワームかっ!

ハリボーのグミが大好きで、新しいのを見るとつい買ってしまう。
そんな私に、友達がおみやげをくれた。

hibinokoto
これはまた、バス釣りのときに使えそうな・・・。


いちおう目がついて、ヘビだそうです。
長さは10センチ。
1本食べたらアゴが疲れた・・・。

スヌード

用事のついでにフラッと生地屋さんへ立ち寄ったら、
カワイイ布が目に入り、つい予定外の買い物をしてしまった。

nuimono

ミシンで輪っかに縫いつないで、あっという間にスヌードできた。


でも・・・もういらないかもね。
来シーズンまでお蔵入りか。


セーグル・フリュイ

hosino

ホシノ丹沢酵母でセーグル・フリュイを焼いた。

フィリングは、ドライクランベリー、くるみ、チョコチップ。
フルーツ、コリコリ食感、甘いアクセント。この3種類が入るように。

それとは別に、なんにも入れない丸パンも作ってみた。
ヘンテコな形に焼き上がったけど、
これはこれで、味わいあるおいしいパンになった。


hosino
チョコチップがとろ~り。ウマ~

  * * *

ミスドの桜ファッションをおやつに食べた。
残念ながら桜シリーズはセール対象外だったけど、それでも食べる価値あり。
桜の葉の香りがフワッとして、おいしかったー!


黒糖くるみパン

ホシノのパン教室で習った『スイートポテトロール』の黒糖生地を使って、
くるみパンを焼いた。

hosino
黒糖とくるみって相性抜群だもの。おいしいに決まってる!


hosino
サイドのくるくるが萌え~

成形の途中で思いついて、チョコチップを巻き込んでみた。


hosino
朝ごはん~。

トーストすると、トロリと溶けたチョコがこれまた美味で。
黒糖とくるみとチョコ。鉄板!!




楽ちんチュニック

大塚屋で仕入れてきた激安コットン布を、楽ちんチュニックに仕立ててみた。

nuimono
型紙はNHKの「素敵にハンドメイド」より。

エスニック風な色柄が気に入ったのに、チュニックにしてみたらなんか微妙。
うどん屋さんとかのユニフォームっぽくない?

まぁいいや。
布は1m300円しないという激安。失敗しても惜しくないもんね。
(負け惜しみじゃありません)

おうち着にするか、エプロンとして使うか。

  * * *

今日のおやつ。

lebaindor

ルヴァン・ドォルの、天然酵母のよもぎあんパン。
春になると必ず買う、好きなパン。


lebaindor
切ってみてびっくり。
前は求肥が入っていたのに、なくなってた。

よもぎの香りがふんわりして、春だなーとしみじみ。

ホシノでパン・ド・ミ

ホシノ丹沢酵母でパン・ド・ミを焼いた。

hosino
油脂とモルトパウダーを少量入れて。飽きのこないあっさりしたパン。

水を量り入れるとき、最後の最後でドドッと入ってしまい、
ベタベタくっつくなんとも扱いにくい生地に。

成形は丸めるのが精いっぱい。


hosino

同じ生地でチーズパンも。

パン・ド・ミと同じ釜に入れて焼いたので、焼き色が濃い目。


ミニどら焼き

wagasi
ベーキングパウダーでふくらませた、ミニどら焼き。

個人的には重曹を使った生地のほうが好きですが・・・。


フライパンのすじがくっきり出てしまって気に入らないのだけど、
そこは目をつぶって、甘みあっさり自家製粒あんをサンド。


ボツにした皮には、チョコクリームをはさんでつまみ食い。
チョコワッフルみたいになって、正直こっちのほうがおいしかった!

  * * *

昨日は土砂降りの雨の中、具合が悪くなった義母を連れて急きょ病院へ。
一瞬ノロを疑ったけど、幸いそうではなかったようで。

今朝はすっかりよくなりました。と、
ケアマネさんから連絡をいただき、ホッと一安心。



Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR