FC2ブログ

Entries

ヒヨリブロートのパン

今年もヒヨリブロートのパンを購入させていただくことができました。

帰り道、車の中がパンのいい香りでいっぱい。
お腹すいてお腹すいて、困りました。^^;



食パン。また今年も出会えてうれしいよ~。(^^)

配合は超シンプルだけど、クラムしっとり口どけよくて、何にもつけなくてもホントおいしいんです。

厚めに切ってトーストして、半分はそのまま、半分はオリーブオイルと黒胡椒ぱらりでいただきました。ウマウマ。






ごぱん。この気泡すごくないですかっ?

もっちもちでクセがない。
ご飯を毎日食べても飽きない日本人なら、みーんな好きだと思う。

一昔前(←言い方!)、炊いたご飯をパン生地に練り込んで作るごぱんが流行りましたけど、こちらのごぱんの方が断然洗練されてます。
酵母もお米使ってるようですし。






柑橘ピールと白みそ。いい香りするんですよ。

ピールとみそを合わせるって勇気がいるし、なかなか思いつかないんですけど、絶妙に合ってます。
スゴイな~。






フジマル醸造所のヴィナッチャ。香りがいい!

ヴィナッチャとはワインの絞りかすなのだそうです。
ドライいちじくみたいにしゃりしゃりと歯に当たるのはぶどうの種ですって!
種があるレーズンて初めて食べました。

夜に改めて赤ワインと合わせていただきたいと思います。さすがに昼間からワイン飲めねーもん。






本日の試食プレート。

バターなどのパンのお供はなしで、シンプルにいただきました。とても満足。



貴重なパンは後で冷凍など適切な保存をして、大切に大切にいただこうと思います。

スポンサーサイト



ヒヨリブロートのパンたち



念願かなって、ヒヨリブロートのパンをようやく購入することができました。

久美シェフがティロワパン教室の中浴先生とお友達、というご縁で、なかなかお目にかかれないパンを私のようなど田舎住まいの者でも手に入れることができるありがたさよ。






米粉のロデブ。

みりんの甘みと酒粕の風味がほんのり感じられます。

軽くリベイクするとクラストがサクサク軽くて、そのおいしさにビックリしました。







人参のポタージュ。

バターの香りと人参の甘みが優しい~。

こちらはリベイクしないでそのままいただきました。
口どけがよく、食べるとホントにポタージュ!







生ハムと碁石茶。

まず、碁石茶って何?って思って調べてみました。高知の発酵茶なのだそうです。

食べるとまずガツンと燻製香が来ました。
生ハムの油や獣臭は碁石茶の作用でうまみになってるそうです。

赤ワインが進む、進む~。






食パン。

原材料を見るとフランスパンと同様すごくシンプルなのですが、もちっとしてるのに口どけがいい!
加水が相当高いとみました。(^^)

おすすめ通り厚く切ってトーストしていただきました。
うますぎる。大満足!





作り手が見える様々な材料を上手にバンと組み合わせて、さらにおいしくすることができる、久美シェフの頭脳とテクニックに脱帽です。


またいつか(来年?)ヒヨリブロートのパンを食べたいですね~。(^^)

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR