FC2ブログ

Entries

今年も味噌を仕込みました~黒豆で味噌ができるか

今年は夫が畑で作った丹波黒豆で味噌を仕込んでみました。

   仕込み手順はこちら↓

シャトルシェフで味噌を仕込もう①

シャトルシェフで味噌を仕込もう②

今年も味噌を仕込みました~酒粕でカビ防止


IMG_ccc2851.jpg
やわらかく煮上げた黒豆をスピードカッターでつぶしたら、まるであんこ。(手前)
これを塩切糀(奥)と合わせてカメに移します。





IMG_ccc2852.jpg
空気が入らないようぎゅうぎゅう押しながら詰めていき、酒粕を表面に敷き詰めて密着ラップをしたところ。

この後ふたをして、カメにホコリよけのビニール袋をすっぽりかぶせ、ひもで縛って冷暗所で秋口まで保管します。

黒豆味噌、うまくできるといいな。楽しみです。



はぁ、腕が疲れた。^^;
でも心地よい疲れです。

スポンサーサイト



梅干し完成

家庭菜園の赤紫蘇と、塩漬けした梅と合わせて三週間。

晴天続きでカラカラ天気の今、土用干しのチャンス! とばかりに三日間干しました。




梅をひっくり返す時に皮が破れるもの続出。
返すたびにその数が増えていく‥‥。
家用なのでまぁいいけど。^^;








完成しました。




皮の破れがあんまりひどいものは、種を取って包丁でたたき、梅肉にしました。

料理にさっと使えて便利です。(^^)

梅仕事

家の梅とご近所さんからいただいた梅を合わせて、今年もなんとか梅仕事ができました。




梅酒のほか、今年初めて黒糖梅酒に挑戦。
おいしくできるといいな。楽しみです♪







梅干しにするため、まずは塩漬けに。
少しなのでジッパー付き保存袋を使います。

重石をどうしたものかと思案して、思いついたのが強力粉2.5キロの袋。







ちょうどいい♪

今年も味噌を仕込みました~酒粕でカビ防止

今年も味噌を仕込みました。


シャトルシェフで味噌を仕込もう①

シャトルシェフで味噌を仕込もう②


手順は↑のリンクの内容とほとんど同じなのですが、昨年酒粕を敷き詰めて熟成させた結果がなかなかよかったので、その部分をリニューアルしました。



IMG_3563.jpg
かめに種を詰め込んで、焼酎をひたしたキッチンペーパーでかめの内側をきれいにふき取ったら、



IMG_3564(1).jpg
表面に板酒粕を敷き詰めます。



IMG_3567 (編集済み)
さらに密着ラップしてふたをし、ビニール袋をかぶせてひもで縛ります。

あとは冷暗所で9月まで保管すると、おいしい味噌になります。




板酒粕を初めて導入した昨年の味噌は、密着ラップをはがしたらほぼきれいでした。
カビが生えにくくなるみたいです。
敷き詰めた粕は、味噌と一緒に出し汁に溶いて粕汁にできるようですから、無駄にならないのがいいです。





それから、味噌作りで余った糀で甘酒を作りました。

IMG_3560.jpg
あったまります。(^^)

たくあん2017

昨年は畑の大根が超不作で、たくあん漬けができませんでした。

今年こそは、と張り切って秋に種まきしたのに、残念ながら細くて短い大根しかできず、2年連続の不作。


それでもまあ、漬けておきますかね。


干し上がった十数本。これで1キロちょっと。
うーん少ない。^^;






塩、ザラメ、こぬかを合わせたものと大根を、交互に袋へ詰めていきます。
あっという間に作業終了。


いつもは漬物おけ用の大きなビニール袋に詰めていくのですが、今年はあまりにも少ないので、2.5キロの小麦粉が入っていたジッパー付き袋を流用しました。

漬物おけの代わりは小さいバケツ。^^;







青いオンボロバケツに漬物石を3個入れてのせました。

バケツを持つというワンアクションで、石の上げ下ろしができて便利です。


うまくいけば来年の1月末にはたくあんが食べられる予定。(^^)




今年は今まで記憶にないくらい、何を育ててもダメな年でした。

気候がおかしいのも一因ですかねぇ・・。

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR