FC2ブログ

Entries

茗荷の甘酢漬け

スーパーに行ったら、コロコロに太ったおいしそうな茗荷が出ていたので買って帰り、茗荷の甘酢漬けを作りました。


『椿町ロンリープラネット』にも、茗荷の甘酢漬けが出て来ますね。

そのシーンを思い出しながら作ってみました。





優しい味わい~(*´꒳`*)

ロンプラでは丸のまま漬けてた気がするけど、私は早く食べたいので切って漬けました。




梅干しを作った後の赤梅酢で、毎年茗荷を漬けていました。

その酸っぱさたるや、思い出すだけで唾液が出てくる!

それと比べたら甘酢漬けは優しくて、いくらでも食べられそうです。(^^)

スポンサーサイト



おせち


ちょこっとずつ盛り合わせ。

お飾りに南天の葉っぱを庭に取りに行こうと思ったけど、雪が降ってたのでやめて。
その代わりがブロッコリー!(ー ー;)



夫婦ふたりだとそんなに量はいらないので、買っちゃおうかな~、と思うこともあるのですが、やっぱり自分の好きな味で食べたいからがんばって作りました。

黒豆の赤ワイン煮は絶対作る!
パンやお菓子作りにも使いたいので一袋煮てしまいます。手間は一緒だし。

おいしく煮えてよかった~♪

栗ごはん

友達に栗をもらいました。
家で取れたんですって。

うれしいな。何作ろうかな~。と考えて、半分を栗ごはんにしました。


できた♪栗が甘くておいしいわ~。(^^)


実は私、栗ごはんを炊くのは初めてです。

実家では母が炊いてくれて私は食べるだけだったし、婚家は夫が「芋栗豆」の入ったご飯が嫌いだから作ったことがないんです。

今回は一合だけ炊いて、残りは冷凍。
私ひとりで大事にいただきます。(^^)

黒豆の赤ワイン煮

今年はおせちを作りませんが。


黒豆の赤ワイン煮は作りました。
おいしくできました。(^^)



お醤油は一切使わず赤ワインと砂糖で煮ます。
これはパンやお菓子にも使えるので、多めに炊いて冷凍することもあります。

豆に少ししわが寄っているのは失敗じゃないですよ。^^;

ほんの少しだけ歯ごたえを残し、ほんの少ししわが寄っているのが成功です。

その方が豆に味があっておいしい。そう義母に教わりました。(^^)






ちなみにこの豆は夫が畑で作っていた丹波黒豆。

元々は枝豆で食べるために育てていたものですが、食べきれずに放置され黒豆になりました。^^;

ふきの炒め煮ときゃらぶき

夫が山蕗を取ってきました。

大きなレジ袋にどっさり。


洗って塩をかけて板ずりしてから下ゆでするのに2時間。

皮をむくのにさらに2時間。

・・・疲れました。




ふきの炒め煮ときゃらぶきを大量生産。
箸休めにちょっとあるとうれしい。

ご近所さんにもおすそ分けしました。




調理自体は煮るだけなので簡単ですが、下ごしらえが大変よね~。^^;

手がアクで黒くなったまま、まだとれません。

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR