Entries

リベンジチキンカレー

先日、カタログギフトで、ル・クルーゼのココットロンドをいただきました。

これを使ってバターチキンカレーを作ろう! と、はりきっていましたが、鍋の取説をまだ読み込んでなかったため、結局使い慣れたボダムの鍋で作りました。^^;





ル・クルーゼの公式サイトより、チキンカレーのレシピで作りました。
おいしかったです♪




昨年夏、畑でナスが山のように取れた時のことです。
いろんな夏野菜にナスもどっさり入れたカレーを作ったら、夫に「まずい!」と怒られました。

それ以来、私の作るカレーはまずい、というレッテルを貼られ、私も腹が立ったので一年以上夫にカレーを出しませんでした。

そして、満を辞してのリベンジカレーがこれ。


夫に黙って出したら、こちらの気も知らず、ペロリと食べやがった。( ̄▽ ̄;)

スポンサーサイト

人参の葉っぱ天ぷら

5月に種まきした人参を引っこ抜いて来ました。


三寸人参なので小さいです。

今年は種まきした後に雨がちっとも降らなくて、毎日の水やりが大変でした。




貴重な葉っぱは天ぷらに。
これが食べたくて人参を作ってるようなものです。^^;


サクサク。



茎からちぎり取った葉っぱをきれいに洗い、水気をしっかり切ってビニール袋へ。

小麦粉と塩コショウ少々も袋に入れてシャカシャカ振ります。

全体にまんべんなく粉がまぶさったら油で揚げていきます。

衣がポテッとしなくて軽く揚がります。




ビールのおつまみにサイコー!

しそ巻き

畑のしそが大きくなってきたら、いそいそと作るのはしそ巻きです。




酒のお供にも、ご飯にも合う~!



中に巻く甘味噌は、一度作っておけば冷蔵保存できるので、しそさえあればすぐ作れます。

自家製味噌にすり落花生とすりごまをたっぷり入れて、香ばしく練り上げました。




毎年叔母さんが作って届けてくれるしそ巻きが楽しみだったのですが、お年を召して、「もうたくさんは作れない」 と言うので、作り方を聞いてきました。


叔母さんはみんなに配るために、何百本と巻いては焼き、巻いては焼き、してたそうです。

頭に汗止めのタオルを鉢巻よろしく巻いて焼いていた、と聞き、今さらながら感謝の気持ちでいっぱいです。

ふきのごま油炒め煮

夫が山でふきを採ってきました。

これは下ごしらえが大変!

洗って、塩をまぶしながら板ずりをして茹で、爪を真っ黒にしながら一本一本皮をむく。
ここまでするのに1日がかり。ふぅ。




ようやく調理ができました。



ふきのごま油炒め煮ときゃらぶき。

おいしくできました。(^^)




皮むきの途中で、もうたまらなく嫌になってきて、なんとかならないか?と、スマホで検索。

そこできゃらぶきは皮をむかないで調理することを、ようやく知りました。^^;

もっと早く調べればよかったー!!



友だちが毎年ふきを煮て届けてくれるのですが、軽い気持ちで「ありがとう~♪」と言ってぱくぱく食べていた自分が恥ずかしい。。。

こんなに大変だったんだ。と、ようやく知ったのでした。

絹さや豊作

我が家の家庭菜園で今収穫できる、絹さやとフリルレタス、サラダ菜のワンプレート。



‥‥緑色。^^;


味噌汁、ポテサラ、そして焼きそばにも絹さやがイン。

付け合わせのレタスは山盛り。ぷぷっ!




晩秋に種まきして小さい苗の状態で冬を越す絹さやですが、去年は失敗して全部枯れてしまいました。

仕方なく早春にもう一度種をまき直し、無事収穫にこぎつけたものの収量は少なかったです。

それにひきかえ今年は大豊作。
うれしいけど、ちょっと飽きてきたかも。





先日の風の強い日、株の重みで支柱が折れて全体が倒れそうになっているのに気づき、あわてて追加の支柱を抱えて畑へ走り、補強を施しました。

茎が折れてしまうダメージもあったのですが、なんとか復活して絹さやをたくさん生らせてくれます。

ありがたくいただかねば。

Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR