Entries

ぜんざい

鏡開きなので、冷凍庫から自家製粒あんをひっぱり出してぜんざいを作りました。



今日テレビで、鏡開きの餅は刃物で切ってはいけない、と言っていました。

困ったな。
プラ容器に入って売っている鏡餅は、手で割ることもたたき割ることもできません。

思案の末に普通の角餅を使いました。^^;



粒あん仕立てがぜんざい、こしあん仕立てがおしるこ。

と、私はずっとそう思ってきたのですが、調べてみると関東と関西で呼び名が違うそうです。知らなんだ。。。

スポンサーサイト

栗の渋皮煮

友だちから今年も栗をもらいました。
家に栗の木があり、たくさん取れるんですって。いいなぁ~。

大きくてとてもいい栗だったので、迷わず渋皮煮にしました。




毎年試行錯誤を繰り返していますが、今年は重曹を入れて下茹でしたあと、砂糖を入れて1時間コトコト煮る方法にしました。

煮汁が多く残ってしまったので、栗を取り出して煮汁だけ煮詰め、栗を戻して冷めるまで放置。中までしっかり味を染み込ませました。

ふっくら柔らかい渋皮煮がたくさんできたので、冷凍保存して大事に使います。





鬼皮をむくときに傷つけてしまい、形が崩れたものがいくつか。
こちらは冷凍保存分とは別にして、早く食べます!(≧∇≦)


栗の渋皮煮

お友達から栗をたくさんいただきました。

大きくて立派な栗だったので、渋皮煮を作ることに。





一晩水につけて、鬼皮むき。

渋皮に傷をつけないよう、始めは慎重に包丁を入れていたのですが、慣れてくるにつれて、ザクッといっちゃったものがいくつか。^^;





3日かかってようやく完成♪



今年はシャトルシェフで作ってみました。
煮汁が踊らないので、栗が柔らかくなっても煮崩れせず、キレイにできた♪


皮むきで失敗した栗は、お茶パックに2、3個ずつ入れて一緒に煮ました。

見た目悪くても味は変わりませんからね。味がよくしみて、むしろこっちのほうがおいしいかも。

お菓子やパンに使いますよー。(≧∇≦)

ぼたもち

昨日夜なべしてあんこを炊いて(シャトルシェフが)お彼岸のぼたもちを作りました。



炊きたてのごはんにチンして柔らかくしたお餅を入れて、すりこぎで半殺しにつぶせば餅生地は完成。

お正月の残りのお餅が片付いて一石二鳥~。




粒あん、黒ごま、抹茶。
定番のきなこは買い置きがなかったのでナシ。

私的には黒ごまがお気に入り。(≧∇≦)





残ったあんこは小分けして冷凍。
これでいつでも使えます。



分量適当でもそれなりに出来る和菓子って気楽でいい♪
こんなこといったら和菓子屋さんに怒られるか。^^;

鬼まんじゅう

今朝。
目が覚めた時の薄暗い感じと異様な静けさに違和感を覚え、外を見たらやっぱり雪が積もってました。

…寒っ!

でも昼近くにはすっかり溶けて。
今晩のお出かけには影響なさそうでひと安心。





蒸し器を引っ張り出して、鬼まんじゅうを作りました。

気になる部屋の乾燥も湯気で少しは解消される気がします。
ほかほか湯気のたつ鬼まんを頬張って体もあったかくなりました。(≧∇≦)


Appendix

プロフィール

kako

Author:kako
海なし県に在住。
小麦粉と仲良く暮らす
日々の記録。
2015年10月
製菓衛生師免許を
取得しました。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR